沖縄県かりゆし芸能についての最新情報をお届けします。
カテゴリー
プロフィール

ピーアールプロモ

Author:ピーアールプロモ

   大琉球国最新情報
  ~琉球芸能への誘い~
ようこそ、沖縄県立郷土劇場へ



⇒ 沖縄県立郷土劇場のページへ

⇒ 沖縄芝居萌葱の会のページへ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--.--.--】 スポンサー広告
[TOP▲]
平成18年度第39回公演(玉城流 翔節会)
平成18年度第39回公演(玉城流 翔節会)
・県立郷土劇場のホームページへ
・沖縄芝居萌葱の会のホームページへ
・06年のかりゆし芸能公演より玉城流翔節会のスライドショー(提供:沖縄県文化振興会)

・各月(毎週金曜日)の出演団体です
01/12 ,19 ,26   02/02 ,09 ,16 ,23   03/02 ,09 ,16
平成18年度第39回(通算661回) 1月26日(金)公演
たまぐすくりゅう しょうせつかい
しょう・ざ・かりゆし 31 しんしゅん に まう
玉城流 翔節会
~翔・ザ・かりゆし第31回 新春に舞う~
みなさまから寄せられたコメントの一部を紹介します!!
大盛況 感謝します!
  • 正月明けにふさわしい番組でした。全体によくまとまり、一演目ごと好ましく楽しめました。地謡の歌声も若々しく、しっかりしていて、安心して聞けました。演目中、「鷲の鳥」が一番印象に残りました。[那覇市/女性/50代]


  • すべての演目がすばらしく、さすがはプロの集団だと感動した。いにしえの昔から踊り継がれてきた雑踊りはいつ見ても楽しい。今回も大変良かった。
    長い間、芸をきわめてきたベテランたちはともかく、世界に誇る琉球舞踊を未来永劫に伝えていくには若手の育成に力を入れてほしいと思う。そのためには行政のバックアップが必要だと思う。ビバ琉球舞踊![糸満市/男性/60代]


  • 歩みがとても大事なことを感じました。とてもきびしく、まじめで花開いていることをつくづく思いました。ありがとうございました。鷲の舞、よかったですね。でいごの花ももちろんです。[兵庫県/女性/50代]


  • 今回初めて拝見しました。日ごろTVなどで観るときとは違い、とても感度しました。最後のでぃぐぬ花がとても素敵でした。また観に来たいです。[那覇市/女性/20代]


  • たまたま出張に来て初めて拝見させていただきました。毎週やっているというのがポイント高いですね。今度はプライベートな旅行で家族と来たいです。仲里節が気に入りました。[千葉県/女性/30代]


  • 沖縄へ来るたびに必ず琉球舞踊を見ています。ゆったりとした動きと三線のこきみの良い音にいつも引き込まれます。歌の意味がわかるともっといいと思います。衣裳がすばらしい。[静岡県/女性/50代]


  • フィナーレは最高によかったです。演出を考えられた方のセンスにエールを送ります。[静岡県/男性/40代]


  • ・県立郷土劇場のホームページへ
    ・沖縄芝居萌葱の会のホームページへ
    ・ページのトップへ
    ・地謡 監修 アナウンス名簿
    ・会の活動歴
    公演プログラム
    天川 あまかー 1 天川(あまかー)
    古典女踊り

    [踊り手]
    上原敦子 仲村妙子 島尻ひさみ
    瑞慶山和子 我如古磨佐子
    「天川節」と「仲順節」のゆったりとした曲調で、愛する人との、堅く強い誓いの様子を手踊りで表現します。仲順節では、もし別れの 時があっても、「ご縁という糸で貫かれた花は決して離れ離れになることはないのです」と歌い、人知れず契りを交わした娘の恋の成就 を喜び、その心の躍動感を表現しています。
    ・ページのトップへ ・地謡 監修 アナウンス名簿 ・会の活動歴
    前の浜 めーぬはま 2 前ぬ浜(めーぬはま)
    古典二歳踊り

    [踊り手]
    神山穂紫乃 金城しの 国吉安子
    上原美希子 秋田直子
    前の浜は、那覇港北岸にあって対岸の垣花と行き来する渡し舟の発着場でした。風光明媚な場所として知られたこの浜は、飛び交う浜千 鳥や渡し舟の美しい風情があり、踊りでは、その様子を称えて、空手舞踊を基礎とした力強さを祝儀舞踊で表現しています。
    ・ページのトップへ ・地謡 監修 アナウンス名簿 ・会の活動歴
    百玉舞 むむたま

めー 3 百玉舞(むむたまめー)
    創作舞踊

    [振付け]
    家元 玉城節子
    [踊り手]
    玉城節子 山田直季 照屋佑季
    山田怜佳
    芸道60周年を記念して創作した踊りです。芸の道は奥深く、まだまだ悩み多い私ですが、生涯現役を心がけいつまでも玉のように輝き 続けることを希望し、五歳からの舞踊人生を四部構成にして表現したものです。
    ・ページのトップへ ・地謡 監修 アナウンス名簿 ・会の活動歴
    南洋浜千鳥 なんよう

はまちどり 4 南洋浜千鳥
    雑踊り

    [踊り手]
    神山穂紫乃 金城しの 上原美希子
    秋田直子
    古里を離れた旅人が故郷を偲ぶという雑踊り、「浜千鳥」の内容に軽快なテンポを加え、群舞の美しさを取り入れたものです。
    ・ページのトップへ ・地謡 監修 アナウンス名簿 ・会の活動歴
    金細工 かんじぇーく

ー 5 金細工(かんじぇーくー)
    雑踊り

    [踊り手]
    加那兄(かなーひー)=城間久美子 真牛(もーさー)=玉城敦子 アンマー=上里初枝
    金細工とは、かんざし等を作る細工職人のことをいいます。那覇の辻(遊郭)を舞台に、加那兄(かなーひー)という道楽者の細工職人が 、真牛(もーさー)という遊郭の女を一ヶ月も引きまわしたあげくに、その揚げ代(遊女などと遊ぶための代金)を工面できず、那覇の泊 高橋から身を投げようとしますが、真牛は蓄えていたお金を惜しげもなくはたき、抱え親である遊郭のアンマーに揚げ代を払って、加那 兄の面目を施します。三人で踊る舞踊劇です。
    ・ページのトップへ ・地謡 監修 アナウンス名簿 ・会の活動歴
    加那ヨー かなよー 6 加那よー(かなよー)
    雑踊り

    [踊り手]
    上里愛 久高美智子 大城昌子
    平良千代子 仲田早江子 伊計恵美子
    地方の「野遊び(もうあしび)」で謡われていた男女の交遊の唄を、明治になって舞台用の踊りとしてまとめたものです。女踊りでは基本の振りである「こねり手」などを多く使い、「姉子踊り(あんぐゎーうどぅい)」の手振りの数々で構成され、軽快にリズムよく踊られます。赤染手巾を肩にかけ、はずむような恋心を、表現します。
    ・ページのトップへ ・地謡 監修 アナウンス名簿 ・会の活動歴
    鷲の鳥 ばしんとぅい 7 鷲の鳥(ばしんとぅい)
    雑踊り

    [踊り手]
    具志堅イク子 知念範紺 前川美智子 平田弘子 玉城律子 池原悦子
    八重山では、祝儀舞踊として座開きに踊られる踊りです。アコウの大樹に巣をかまえた親鷲が、元旦の朝に、若鷲と東の空へ飛び立つと いう、雄大な歌詞に振付けられています。大空に舞い上がる鷲の姿を、二本の扇子を巧みに扱い表現し踊ります。
    ・ページのトップへ ・地謡 監修 アナウンス名簿 ・会の活動歴
    仲里節 なかざとぶし 8 仲里節(なかざとぶし)
    雑踊り

    [踊り手]
    (男)比嘉涼子  (女)我那覇則子
    明治以降の芝居座で創作された作品で、演技をしながら踊ります。『聞けば仲里は、花の島だということです。花が咲き出たら、わたしに 一枝ください』という歌意の仲里節に合わせて、相思相愛の男女の恋を表現します。
    ・ページのトップへ ・地謡 監修 アナウンス名簿 ・会の活動歴
    獅子舞 ししまい 9 獅子舞(ししまい)
    創作舞踊

    [踊り手]
    上原淳子 金城末子 黒島徳子
    神山典子 平良恵子 安里タマ子
    守り神の象徴とされる獅子は、座を清め邪気を払い幸福を招くと言われています。「獅子舞」は、祝いの座で踊られる勇壮活発な二歳踊 りです。
    ・ページのトップへ ・地謡 監修 アナウンス名簿 ・会の活動歴
    でぃぐぬ花心 でぃぐ

ぬはな 10 でぃぐぬ花
    創作舞踊

    [踊り手]玉城節子 比嘉涼子 我那覇則子 具志堅イク子 知念範紺  前川美智子
    平田弘子 玉城律子 城間久美子 玉城敦子 池原悦子 上原敦子 上里初枝 仲村妙子 島尻ひさみ 瑞慶山和子 我如古磨佐子 金城末子 黒島徳子 神山典子 平良恵子
    安里タマ子 上里愛 久高美智子 大城昌子 神山穂紫乃 平良千代子 神田早江子
    伊計恵美子 金城しの 国吉安子 上原美希子 秋田直子

    沖縄の県花であるデイゴの花に振付をしてみました。青空の下、男女が仲むつまじく踊っている様子を表現しております。
    ・ページのトップへ ・地謡 監修 アナウンス名簿 ・会の活動歴
    地謡
    歌・三線: 照喜名進(琉球古典安冨祖流音楽研究朝一会)
    照喜名朝之(琉球古典安冨祖流音楽研究朝一会)
    上原 睦三(琉球古典安冨祖流音楽研究朝一会)
    箏: 仲里千枝子(琉球箏曲興陽会)
    笛: 宇保 朝輝(安冨祖絃声会)
    太鼓: 宮里和希(光史流太鼓保存会)
    監修 玉城節子(玉城流翔節会 家元)
    舞踊指導 玉城節子(玉城流翔節会 家元)
    三線指導 照喜名朝一(琉球古典安冨祖流音楽研究朝一会 会主)
    アナウンス 黒島徳子(玉城流翔節会 師範)
    会の活動歴
    (平成17(2005)年当時の資料です)
    1960年 ・玉城節子琉舞道場開設
    1961年 ・第1回 玉城節子琉舞道場発表会
    1975年 ・フランス「ニース・カーニバル」35名参加
    1977年 ・第1回 玉城節子リサイタル
    1980年 ・玉城流翔節会 会名と紋章を決定
    1984年 ・ハワイ・那覇市姉妹都市25周年記念公演 36名参加
    1988年 ・チャリティー公演(ハワイ・マウイ・カウアイ) 40名参加
    1991年 ・芸道45周年記念公演 チャリティー独演会
    1995年 ・芸道50周年記念公演 総勢450名出演
    1999年 ・カーネギーホールにて 第5回「日本の祭典」
    2000年 ・ハワイ沖縄県人会移住100周年公演
    2004年 ・国立劇場おきなわ 開場記念公演
    ・第18回リサイタル「玉城節子の世界」
    2006年 ・芸道60周年記念公演 第20回リサイタル
    2007年 ・かりゆし芸能公演「翔・ザ・かりゆしNo.30」に至る
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    スポンサーサイト
    平成18年度第38回公演(乙女椿)
    平成18年度第38回公演(乙女椿)
    ・県立郷土劇場のホームページへ
    ・沖縄芝居萌葱の会のホームページへ

    ・各月(毎週金曜日)の出演団体です
    01/12 ,19 ,26   02/02 ,09 ,16 ,23   03/02 ,09 ,16
    平成18年度第38回(通算660回) 1月19日(金)公演
    団 体:おとめつばき
    タイトル:ゆがふう で~びる
    乙女椿
    ~世界報 で~びる~
    みなさまから寄せられたコメントの一部を紹介します!!
    大盛況 感謝します!
  • ②「桜前線日本一」がよかった。なんといっても子供たちがかわいい。楽しんでいる様子がGOOD。[糸満市/女性/50代]


  • ⑥「瓦屋」もとても美しかったけど、⑨「偲び」の舞踊もとても、女が心が切なく美しかったです。子供たちも元気がよく、力をも らいました。[那覇市/女性/40代]


  • 幕開けの踊りが良かったです。小さな子供たちの活発な踊りがよかった。[那覇市/女性/50代]


  • 楽しい公演でした。歌も踊りも楽しめました。また、ぜひ乙女椿の公演を!![豊見城市/女性/30代]


  • 乙女椿の公演は期待を裏切らないので、嬉しい。いつも楽しみにしています。[宜野湾市/女性/50代]


  • 心をこめた踊りには感動する。男性の踊りもみたい。[宮城県/女性/60代]


  • スローライフ沖縄万歳!! 子供さんから大人の皆さんまで、唄と踊り最高でした。奥が深い踊りに感動しました。沖縄県は日本一 です!![宮城県/男性/60代]


  • ・県立郷土劇場のホームページへ
    ・沖縄芝居萌葱の会のホームページへ
    ・ページのトップへ
    ・地謡 監修 アナウンス名簿
    ・会の活動歴
    公演プログラム
    夜明け よあけ 1 夜明け(よあけ)/舞踊
    作 詞:井上妙泉
    作 曲:仲宗根巴津美
    振付け:糸数カメ
    [踊り手]
    仲宗根巴津美 仲宗根玲子 香取美恵子 幸地あや
    天の岩戸(あまのいわと)伝説の伊平屋村(いへやそん)で、夜明けの詞は生まれました。世の中に光がさし、天高く白鳥が飛び立っていく という詞を曲に乗せ、振り付けました。
    ・ページのトップへ ・地謡 監修 アナウンス名簿 ・会の活動歴
    桜前線日本一 さくらぜん

せんにほんいち 2 桜前線日本一(さくらぜんせんにほんいち)/舞踊
    作 詞:岩瀬ひろし
    作 曲:南雲一廣
    歌:乙女椿
    演 奏:キングオーケストラ
    振付け:創舞 寿栄吉
    [踊り手]
    登川智音子 上原かれん 宮城李沙 上良脩人 赤嶺佑 並里奈々 赤嶺奨 登川智也子 石原美咲 徳元賢 仲宗根あい  金城小百合 屋比久トシ子
    大城美栄子 玉城美喜子 嶺井美芳 大城愛子 仲座久子

    春一番! 沖縄県では全国に先駆けて桜(ひかん桜)が開花します。沖縄から始まった桜前線は、じょじょに北上していきます。千島列 島へと駆け上っていく桜前線模様を舞踊で表現しました。
    ・ページのトップへ ・地謡 監修 アナウンス名簿 ・会の活動歴
    かりゆしぬ踊い かりゆし

ぬうどぅい 3 かりゆしぬ踊い(かりゆしぬうどぅい)/舞踊
    作詞・作曲:上原政雄
    振付け:創舞 寿栄吉
    [踊り手]
    仲宗根巴津美 仲宗根玲子 香取美恵子 幸地あや 石仲真由美
    小堀端摩知子

    おめでたい場の祝い舞踊として、創作しました。
    ・ページのトップへ ・地謡 監修 アナウンス名簿 ・会の活動歴
    花 花の沖縄 えんどうの

花 山ゆり峠 島の乙女 宮古島夜曲 首里城 4 歌謡〔花・花の沖縄・えんどうの花・山ゆり峠・島の乙女・宮古島夜曲・首里城〕
    [山ゆり峠]
    作詞:三島寛
    [首 里 城]
    作詞:岩瀬ひろし 作曲:南雲一廣
    歌:仲宗根巴津美 仲宗根玲子 香取美恵子
    演 奏:キングオーケストラ
    五線譜で表した沖縄のメロディーと、乙女椿オリジナルの曲を、メドレーでお届けします。
    ・ページのトップへ ・地謡 監修 アナウンス名簿 ・会の活動歴
    恋ぬ花 四季の唄 中立(

なかだてぃ)ぬみががま 5 民謡(みんよう)〔恋ぬ花・四季の唄・中立(なかだてぃ)ぬみががま〕
    [唄・三線]
    屋比久トシ子 大城美栄子 大田ツル 玉城美喜子 小堀端摩知子 嶺井美芳 玉城あゆみ 久手堅ユキ 大城愛子 仲 座久子 上原昌子 金城小百合
    島袋織衣 真栄田郁子 真栄田桃子
    [太 鼓]
    上良拓也
    [ 箏 ]
    仲宗根巴津美 香取美恵子 杉本文子 大城美根子

    恋歌、四季折々の唄、宮古民謡の三曲をお届けします。宮古民謡の「中立(なかだてぃ)ぬみががま」の中立は地名、みががまは女性の名 まえです。
    ・ページのトップへ ・地謡 監修 アナウンス名簿 ・会の活動歴
    瓦屋 からやー 6 瓦屋(からやー)
    古典女踊り

    [踊り手]
    幸地あや 石仲真由美

    月をテーマにした内容で、別名「月見踊り」とも呼ばれます。月の美しさに誘われて、互いに連れたって名月を楽しもうと誘い合う、前 踊り。名月の素晴らしさや、辺りの吹く風の心地良さ表現した、中踊り。月をたっぷりとながめた後、我が宿に待つ愛しい人を思って帰 途につく、後踊り。の三段から成リます。月をながめる所作や、月に寄せる女性の優しさを、手踊りで表現します。
    ・ページのトップへ ・地謡 監修 アナウンス名簿 ・会の活動歴
    浜千鳥 ちぢゅやー 7 浜千鳥(ちぢゅやー)
    雑踊り

    [踊り手]
    仲宗根玲子

    故郷を遠く離れて、そこに残した愛しい人々を偲ぶ心情や旅愁を、浜辺で遊ぶ千鳥の様子に託してしなやかな手踊りで表現します。大地 をかろやかに踏みしめる足使いは、庶民の姉子踊り(あんぐゎうどぅい)をアレンジしたものです。帯を使わずに着こなす、ウシンチーと いう沖縄独特の着付けも見所のひとつです。
    ・ページのトップへ ・地謡 監修 アナウンス名簿 ・会の活動歴
    踊い宮古根 うどぅいなー

くにー 8 踊い宮古根(うどぅいなーくにー)
    舞踊

    [振付け]
    仲宗根玲子
    [踊り手]
    香取美恵子
    宮古根(なーくにー)とは、歌う人それぞれが自分の思いを即興で歌う道歌です。曲に女性の心情を織り込み、踊りを振り付けました。
    ・ページのトップへ ・地謡 監修 アナウンス名簿 ・会の活動歴
    偲び しのび 9 偲び(しのび)/舞踊
    [振付け]
    伊舎堂正子
    [踊り手]
    仲宗根巴津美 仲宗根玲子
    八重山民謡の名曲、「月ぬまぷぃろーま節」、「とぅばらーま」、「安里屋節」でつづる女心の情を歌にし、踊りに表現しました。八重 山民謡の大家、大浜安伴氏が乙女椿のために立てた企画から生まれた創作舞踊です。
    ・ページのトップへ ・地謡 監修 アナウンス名簿 ・会の活動歴
    ゆがふう 10 ゆがふう/舞踊
    [振付け]仲宗根玲子
    [踊り手]
    登川智音子 上原かれん 宮城李沙 上良脩人 赤嶺佑 並里奈々 赤嶺奨 登川智也子 石原美咲 徳元賢 仲宗根あい  神谷穂稀 上良拓也
    小堀端摩知子 石仲真由美 幸地あや 香取美恵子 仲宗根玲子

    「クイチャー」、「まみどーま」、「稲しり節」、「前田節」、「豊年の唄」の5曲でつづります。豊年を祈願し、豊作を祝う創作舞踊 です。
    ・ページのトップへ ・地謡 監修 アナウンス名簿 ・会の活動歴
    流星(ながりぶし) 胡蝶

の唄 初春ぬ遊び(はちはるぬあしび) ピースフル糸満 白保節 11 民謡
    〔流星(ながりぶし)・胡蝶の唄・初春の遊び(はちはるぬあしび)・ピースフル糸満・白保節〕

    [流星]
    作詞/比嘉ウト
    作曲・唄/仲宗根巴津美
    [ 唄 ]
    仲宗根巴津美 仲宗根玲子 香取美恵子 幸地あや

    戦争でわが子を失った母の悲しみを込めた「流星(ながりぶし)」、八重山民謡の「胡蝶の唄」、本島に伝わる民謡「初春ぬ遊び(はち はるぬあしび)」、乙女椿オリジナルの「ピースフル糸満」、八重山民謡の「白保節」で構成されています。最後は賑やかにカチャーシ ーで締めくくります。
    ・ページのトップへ ・地謡 監修 アナウンス名簿 ・会の活動歴
    地謡
    歌・三線: 仲宗根巴津美 仲宗根玲子 香取美恵子 幸地あや
    箏: 仲宗根巴津美 仲宗根玲子 幸地あや
    笛: 仲田治己(野村流古典音楽保存会 師範)
    太鼓: 仲宗根玲子 香取美恵子
    三板: 香取美恵子 幸地あや
    監修 仲宗根巴津美
    舞踊指導 幸地あや
    三線指導 香取美恵子
    アナウンス 仲宗根玲子
    会の活動歴
    1972年 ・乙女椿結成
    ・母の日公演(以降、毎年)
    ・正月テレビ番組出演
    ・沖縄刑務所 慰問公演
    1979年 ・沖縄平和祈念堂「火と鐘のまつり」出演
    1983年 ・結成10周年乙女椿ショー
    1989年 ・結成17周年乙女椿ショー
    1991年 ・首里城棟上げチャリティーショー
    1992年 ・復帰20周年乙女椿ショー(宮古島)
    1995年 ・阪神淡路大震災義援金チャリティーショー
    1996年 ・乙女椿チャリティーショー(名護)
    1998年 ・乙女椿会館落成、乙女椿芸能学院開設
    1999年 ・であい(30周年乙女椿ショー)
    2003年 ・毎月第4金曜日午後8時から10時 乙女椿民謡ライブ
    2004年 ・沖縄県かりゆし芸能公演 初出演
    2005年 ・「CD 沖縄のうた」全国一斉発売
    2006年 ・法務大臣賞 受賞
    │県立郷土劇場│ │沖縄芝居萌葱の会│
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

    最近の記事+コメント
    RSSフィード
    ブログ内検索
    リンク

    Copyright © 2005 沖縄芝居萌葱の会 All Rights Reserved.
    Photo by Rain Drop // Template by chocolat* // Powerd by FC2
    FC2カウンター
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。